安全性について

ダイビングは『安全第一』S2CLUBグアム店でも安全なダイビングを心がけます
S2CLUBグアム店では『全ての皆さまにもう一度いらして頂けるサービスを』の理念に基づき全スタッフ一丸となって真剣にダイビング中の安全について日々検討しています。
グアムでの楽しいダイビングの大前提である『安全なダイビング』をするために行っているスタッフの活動報告と、皆様にも是非ダイビングにご参加頂く際に確認して頂きたい内容をご紹介致します。

安全なダイビング 酸素キット安全なダイビング 緊急グッズ全スタッフがダイビング中、シグナルフロートを必ず携帯し漂流等の万が一の事故に備えます。
また、ボートには緊急酸素キットを用意し、減圧症などのダイビング事故に対応できるように準備を致します。
ダイビングスタッフとお客様皆さまによる安全管理


“ダイビングは自己管理のスポーツです”
 


初級ライセンスで伝えられるこの理念ですが、ガイドダイビングが主流のグアムでは、どうしてもスタッフへの安全の依存度が高くなりがちなことは否めません。
ただ、以下の項目についてはダイビングスタッフはもちろん、皆様にもダイビングをする際には守って頂くようS2CLUBグアム店ではお願いしております。

1.寝不足は耳が抜けにくくなるなどの影響が出ます。深夜便での到着の場合など、無理をせず充分な睡眠をとってからご参加ください。

2.使用するダイビング器材が正常に作動するかを、器材セッティングの際に必ず確認してください。

3.器材セッティング後、使用するタンク圧が190以上あるかを確認してください。また、残圧が70になった時にはガイドへ伝えてください。

4.潜降に自信がない方はロープを離さずに降りてきてください。また、スキルに自信があっても流れが速い場合がありますので、ガイドの指示に従って潜降ロープを利用してください。

5.浮上はガイドと同じ水深をキープしながらゆっくり浮上します。かならず水深5mで最低3分間の安全停止をしてください。

6.船に酔いやすい方は、事前に酔い止めを飲んでおくことをお勧めします。

7.万一グループからはぐれてしまった場合には、絶対に水中を探し回らず頭上に注意しながらゆっくり浮上し、水面で待機してください。

8.当店はドリフトダイブを頻繁に行います。そのため、浮上してもボートがない場合がありますが、慌てずにガイドと一緒にボートが来るのを待つようにしてください。

9.グアムは水深が深いポイントが多いため、ダイブコンピューターの所持をお勧めします。

ダイブコンピューターをお持ちでない方は、ガイドが減圧管理を行いますので、ガイドと同じ水深をキープしてください。

久しぶりのダイビングについてのご案内
久しぶりのダイビング、それ以外にも何らかの心配があるという場合はいくら初心者向けの海であってもいきなりのダイビングでは楽しみきれない可能性があることは否めません。
ブランクがあいている方や、不安な方には、まずは浅いビーチのポイントでリフレッシュを行い、午後はボートダイブの『1ビーチ&1ボートダイブ』のコースをお勧めします。



S2CLUBグアムダイビングメニュー

申込みフォームへ